www.goann.jp Copyright(C)2003-2014 Goan Production. All Rights Reserved
.
  〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町38番地 鹿田ビル4F
  TEL 03-5294-5133 / FAX 03-5294-5122
  ネーミング開発・専門会社 語案 株式会社


















  
















お客様がご考案された会社名やブランド名案、または現状の名称についての「効果・効率」や、
「リスクの可能性」等を、弊社や協力機関による客観的な評価や様々な確認・調査作業を
実施し報告を致します。

料金は確認・調査の内容、度合、使用されている言語等にもより大きく異なりますが、
1案あたり\35,000-程度からとなります。(詳細は御見積させて頂きます)







ネーミング案をアルファベット表記した場合や発音した場合、展開先の言語において
悪い意味を想起させるネガティブな言語」ではないか、
また「観念上忌み嫌われる言語ではないか」を、
各国のネイティブスピーカーより確認し報告いたします。
常時50言語以上で対応可能です。特に米英語、東南アジアの各言語、フランス語・ドイツ語・
スペイン語・イタリア語・中国語・韓国語等の言語は即時対応が可能です。

料金は言語・数量・二重の翻訳が必要な場合等により大きく異なりますが、
1〜数案あたり、1原語、1担当者、\20,000-程度からとなります。
(詳細は御見積させて頂きます)







弊社による同一若しくは極めて類似する既登録商標・出願済商標のスクリーニング作業や、
弊社提携弁理士による商標調査を実施し、登録可能な可能性や、侵害の可能性を報告致します。

料金は一般的にスクリーニング(篩がけ)と呼ばれる簡易的な確認であれば、1案あたり数千円です。
また、区分数等にもよりますが、弁理士判断を伴う調査(最大60%)ですと概ね1案あたり18,000-程度
からとなります。尚、本確認は文字列の確認・調査であり図形商標の確認は含まれておりません。
(本確認は、登録できる確度を模索するものであり、可否を判断するものではありません。
また内容によりお受けいたしかねる場合も御座います)







世界150ヶ国以上での同一(完全一致)する既登録商標・出願済商標のスクリーニング作業や、
弊社提携の海外商標調査会社や国際商標特許事務所による商標調査を実施し報告致します。

同一(完全一致)する既登録商標を発見する場合の費用は、お客様の要求されるレベルにもよりますが
比較的安価に収まるケースが多く御座います。ただし確認する類や課金の設定等がございますので、
詳しくはお問合せ下さい。また類似等を含めた海外商標調査は対象国により大きな差が
御座います。別途お問い合わせください。







平成18年の会社法改正により類似商号の制度は廃止されましたが、
弊社では既存の既存企業への配慮や、需要者誤認等の目的を含め本確認をおすすめしております。
尚、全国での登記法人、及び閉鎖登記、ペーパーカンパニーについても確認可能です。

本確認は「ネーミングの効果・効率・リスクについてのレポート」の中で行わせて頂いており
単独では対応いたしておりません。ご容赦ください。







商号自体やその要部、略称等を広告=ブランドネームとして使用する場合、商標登録の必要性が
生じるケースがあります。弊社では、提携する商標特許事務所と共に、商標調査をおこない、
同一や類似で登録の難しい社名や顕著性に乏しい社名について、「コンセプトや理念等を
残存させて頂きながらの改案」等の措置を行い、会社名の商標化を助成いたします。
*実際の商標登録出願以降の作業は弁理士法により弁理士、またはお客様による作業となります。

本業務は都度御見積をさせて頂いております。







社内公募を交えた変更会社名開発をお考えのお客様に対し、下記の項目をはじめとする
「助言やスクリーニング等の作業」を提供させて頂くと共に、多くの実務経験に基づいた
様々なノウハウを以て、決定までのスムースなプロセスをサポートさせて頂きます。

■社名変更のでのフロー(工程)の構築
■実際に使用できる案が集まり易い公募時の募集要項
■会社名開発時の留意点
■各種、確認や調査によるスクリーニング(篩がけ)作業
■候補案ご選定の助成

本業務は都度御見積をさせて頂いております。







車・パソコン等の機器・ヘルスケアの容器・住まい・多くの服飾品・・・・・・・時代と共に
少しずつデザインが変化していきます。それらと同じように、コーポレートロゴマークについても
定期的な検討を実施し、時代や新しい目標に合わせたフォルムやカラーへの改善が不可欠です。
分かり易い例を申し上げると、「資生堂様」、「ソニー様」、「花王様」・・・等の
ロゴマークの変遷がこれに当たるもので、ラインの太さや表記の形状が時と共に少しずつ
変化・進化しております。

例えば、先進的なテクノロジーを有している電気・電子関連会社様が、数多くのリレーを組んで
オートメーション化を成していた時代のロゴマークをそのまま使用していたとするならば、
お取引先様やリクルーターの方々の「印象」はどうでしょうか。勿論、そのようなビジュアルのみで
企業としての価値が左右されるものではありませんが、ロゴマークが「お客様の実際の姿」を
外部に、内部に示し伝えていく「大きなチカラを持つ一つのツール」であることは確かです。
弊社では、コーポレートロゴマークのカラーの統一(データ化・標準化)から、
現状のロゴマークの形状を生かさせて頂きながらのミニマムインプルーブメント等、
ビジュアルイメージの最良化に取り組ませて頂きます。

本業務は都度御見積をさせて頂いております。






ビジュアルシステムガイドライン(VIマニュアル)とは、お客様企業のイメージを明確に外部へ
発信していくために、ロゴマークの統一させた使用方法や色指定・保護範囲・特例の規定・
使用禁止例等を詳細に定めたロゴマークの取扱説明書です。
弊社ではお客様の現状のロゴマークを検討させて頂いた上で、個々のお客様の展開範囲に合致した、
統一ガイドラインを製作させて頂きます。

これから発展されていく小さな会社様の場合、仕様等にもよりますが10万円台で収まります。
尚、会社が大きくなっていくほどに、ビジュアルの統一は大変になります。
業種や拠点数等にもよりますが、その場合、数倍から数十倍の費用となる場合も御座います。







弊社では、会社名変更をお考えのお客様に対し、企業単位においてのセミナーを開催しております。
社内で考慮される際の留意点や注意点、スムーズなフロー等の提案や、周辺作業等についての説明、
及び疑義応答を承らせて頂きます。首都圏以外のお客様もご相談ください。
尚、セミナー・内容の一例としましては

■会社名開発から決定までの一連のフロー (まず行程表を作る)
■コンセプト策定方法 (コンセプト作りから始めなければ迷走する)
■会社名の開発手法 (共感を生む名前でなければ受け入れ難い)
■会社名、及びその使い方における法的制約
■ネーミングの評価・検証 (その名前は安全・安心か)
■ビジュアルへの展開 (ただ在るだけのロゴやHPではアイデンティティは生まれない)
■上記の例のほか、各社様のご要望に沿った説明や質疑応答を承ります

本業務は都度御見積をさせて頂いておりますが、交通宿泊費を除き、お客様5名程度、3時間程度で
概ね\30,000-からとなりますが、まずはご相談ください






上記以外でも例として、
■「企業コンセプトの策定助成」
■「ネーミングコンセプトの策定助成」
■「会社名やブランド名の中国語への音訳・意訳」、
■「英語等のタグラインの最適化・簡略化」
■「タグラインの多言語化」ほか、
ネーミングに対するあらゆるサポートサービスを行っておりますのでご相談ください。











上記業務のすべては、弊社よりの守秘義務の誓約、またはお客様との守秘義務の契約後の
作業となりますので、ファーストコンタクトのメールなどで「ネーミング案」を
お書き添え頂かないようにお願いをいたします。
また、ネガティブ言語確認や、海外商標の調査においては、具体的な国名、または言語を
お伝えください。「全世界」、「アジア各国」等、抽象的な表現では御見積致しかねますので
宜しくお願い致します。
尚、一案・一言語から対応させて頂きますので、何なりとご相談ください。

















 C O N T E N T S






 会 社 案 内 アクセスマップ CI活動・新戦略支援 各種ネーミングサービス
 納 入 実 績 お客様の声 会社名ネーミング開発 タグラインの開発
 お 問 合 せ よくあるご質問 ブランド・商品名ネーミング開発 社名研究 (特設ページ)













 00 社名研究 06 会社名の付け方 12 会社名の決め方 18 コーポレートロゴマークの評価
 01 社名変更の注意点 07 会社の名前と地域性 13 会社名で使える言語 19 コーポレートカラー
 02 創業社名の注意点 08 ネガティブ言語の実例 14 建設・技術系の社名
 03 前株と後株について 09 会社名と商標 15 ネーミングの質
 04 会社名の英語表記 10 商号のあり方 16 ヒアリングの重要性
 05 最近の会社の名前 11 アルファベットの登記 17 戦前の会社名












〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町38番地 鹿田ビル4F [全国対応]


TEL 03-5294-5133 / FAX 03-5294-5122